頭皮エイジングの3つの原因

こんにちは。

南風原町にある美容室サーカスのチネンです。

今日は晴れたり、急に雨が降ったりで落ち着かない天気ですね。

さて、サーカスではヘッドスパも非常に人気があり、定期的にご来店いただく方が多いです。 その際に少しお話させていただくのが、

「グレシャム老化」

エステシモ独自のネーミングですが、いわゆる頭皮のエイジングで3つの「老化現象」の総称。

40〜50代の場合、毛髪、毛包を生み出す幹細胞や毛乳頭などの細胞、それらの周辺の細胞が老化していることによって、生まれたばかりの毛髪でもすでにダメージが見られ、ハリ、コシが弱かったり、うねりや白髪を引き起こしたりしてしまいます。

チネンもかな〜りの白髪男子です。

老化には自然に起こる「自然老化」、紫外線の影響で起こる「光老化」があり、それらの老化により、細胞が慢性的に炎症して本来の機能が働かない状態に変化してしまいます。 この変化した細胞が周りの細胞も炎症させて広がってさらに老化していくのが「炎症老化」

エステシモではこの老化現象を「悪質は良質を駆逐する」というグレシャムの法則になぞらえ、質の悪い細胞が健康な細胞を駆逐し、細胞を老化させる現象であることから「グレシャム老化」と名付けたそうです。


自分自身でも感じるのですが、頭皮のマッサージやケアはなかなか自分ではしっかりできませぬ。

だからといって何もしなければこのまま何も変わらないので、ただ老けていく…..

それは避けたい!

美容室には美容室ならではのケアが「ヘッドスパ」だと思いますので、少しでもみなさまが若々しく、元気でいられるお手伝いができれば幸いでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です